• ホーム
  • 低用量ピルには多くの種類がある!種類によって効果に違いはあるの?

低用量ピルには多くの種類がある!種類によって効果に違いはあるの?

2020年05月21日
悩んでいる女性

低用量ピルはエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の女性ホルモンが含まれています。低用量ピルをまった時間に飲むことによって避妊することが可能です。つらい生理痛なども改善することができ、生理周期をコントロールすることができます。低用量ピルにはいろいろな効果があり、生理痛を改善したり、ニキビも改善することが可能です。PMS(月経前症候群)の改善や卵巣がんの予防にも効果を発揮することができます。子宮体がんの予防など多くのメリットを得ることが可能です。ピルは含まれるエストロゲン量によっていくつか種類があり、高用量や中用量、低用量や超低用量に区分することができます。

高用量の場合エストロゲン量が1錠中50μgより多く、中用量の場合エストロゲン量が1錠中50μgになっています。低用量の場合エストロゲン量が1錠中50μgよりも少なくなっていて、超低用量の場合エストロゲン量が1錠中30μgよりも少ないです。低用量ピルに含まれている女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、同じ種類のエチニルエストラジオールと呼ばれているエストロゲンが含有しています。もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンの種類や開発された順番から、低用量ピルは4種類(4世代)に区分することが可能です。近年超低用量ピルの種類が増加していて、月経困難症などの病名がつくと保険適用になるのでコストを抑えて利用することができます。

低用量ピルや超低用量ピルの主な種類として、第1世代ピルの場合ノルエチステロンを利用したピルで最初に作られた低用量ピルです。生理の経血量が減ったり、生理痛を改善する効果があります。第2世代ピルの場合レボノルゲストレルを利用していて、例えば女性ホルモンの周期変化に対応することができ、1周期服用する間にホルモン量を3段階に増減することができるものがあります。第1世代に比べて1周期中(28日間)エストロゲン総量が少なくなり、生理サイクルを管理する機能が向上していて不正出血を起こす頻度が低下します。第3世代ピルは新しい種類のプロゲステロン剤です。アンドロゲン作用(男性化症状)を抑制することができるデソゲストレルやゲストデンなどのプロゲステロン剤を使用しています。第4世代ピルはドロスピレノンと呼ばれているプロゲステロン剤を利用したもので、月経困難症において保険適応されるものもあります。いろいろな種類があり中には保険適応されるものもあるので、自分に合ったピルを選択することが可能です。

関連記事
ジネット35の飲み方は?用量用法や休薬期間があることに注意

ジネット35の飲み方に関して、用量・用法を守って毎日決まった時間帯において水やぬるま湯と一緒に服用しましょう。1~21日間服用したら7日間休薬期間を設ける仕組みです。用法・用量について1回の用量は1錠で、1日の服用回数は1回です。休薬期間は7日間で、ジネット35を21日間服用した後7日間の休薬期間を ...

2020年05月18日
ダイアン35のジェネリック医薬品のジネット35は同じ効果?

ジネット35のニキビなどに対する有効性について、先発薬であるダイアン35の臨床試験において既に実証されています。中度~重度のニキビである女性を対象にしてダイアン35を投与した結果、約90%の人に改善が確認されました。ジェネリック医薬品であるジネット35には先発薬であるダイアン35と同じホルモン量が配 ...

2020年05月15日