• ホーム
  • ダイアン35のジェネリック医薬品のジネット35は同じ効果?

ダイアン35のジェネリック医薬品のジネット35は同じ効果?

2020年05月15日
微笑む女性

ジネット35のニキビなどに対する有効性について、先発薬であるダイアン35の臨床試験において既に実証されています。中度~重度のニキビである女性を対象にしてダイアン35を投与した結果、約90%の人に改善が確認されました。ジェネリック医薬品であるジネット35には先発薬であるダイアン35と同じホルモン量が配合されているので、臨床結果と同じ治療効果を期待することが可能です。ダイアン35は顔のニキビに対して改善効果がある低用量ピルで、主に中度から重度ニキビを治療できます。軽度な多毛症も改善することができ、服用している期間は避妊効果も得ることができます。

ダイアン35は有効成分シプロテロンを含んでいる1相性低用量ピルで、男性ホルモンを抑制する作用が強いのでニキビを改善することが可能です。抗ニキビ剤として利用することができ、経口避妊薬と同じ避妊効果を期待することができます。ダイアン35のニキビや尋常性ざ瘡の治療効果に関して、中度から重度ニキビと診断された女性を対象に臨床試験が行われました。約90%の人にニキビの改善が見られ特に酷くなることが多い顎ニキビに対して高い治癒効果が認められています。ニキビを根治的に改善することができ、多毛症などに効果を発揮することが可能です。男性ホルモンが活発すると皮脂腺が発達し、産毛の成長が促進され太く濃くなったり、ムダ毛が増加したように感じるでしょう。シプロテロンが持っている男性ホルモンの作用を抑えることによって発揮され、男性ホルモンの作用を抑える力は臨床試験においても検証されています。服用している期間は避妊効果も得られ、経口避妊薬と同じ避妊効果があります。服用をやめると2ヶ月で妊娠できるようになり、服用したとしても不妊になることはないです。1相性ピルになるので配合されている成分量は1シートすべて同じです。

ダイアン35は重度なニキビ治療に利用される低用量ピルで、治療が終了すると3?4ヶ月以内において服用をやめるようにしましょう。避妊を目的にする長期服用にはあまり適していないので、継続的な避妊を行う場合他の低用量ピルの使用がおすすめです。ジネット35は経口避妊薬としても利用されるダイアン35のジェネリックで、先発薬と同じ効能・効果を持ちながら費用を抑えた避妊を行うことが可能です。飲み方は簡単で使い勝手もよく、世界中の人が利用している人気の医薬品です初めてピルを服用する人にもおすすめです。

関連記事
低用量ピルは病院で処方してもらうより通販で個人輸入する方が安価でお得

近年いろいろな種類の低用量ピルが世界中で愛用されていて、日本でも購入することができます。低用量ピルを利用するとほとんど確実な避妊効果があるので、女性の間では関心が高まっています。世界中で需要が高いピルですが、病院で処方されないと入手することができなかったり、保険適用外なものが多いので薬をもらうのに高 ...

2020年05月25日
低用量ピルには多くの種類がある!種類によって効果に違いはあるの?

低用量ピルはエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の女性ホルモンが含まれています。低用量ピルをまった時間に飲むことによって避妊することが可能です。つらい生理痛なども改善することができ、生理周期をコントロールすることができます。低用量ピルにはいろいろな効果があり、生理痛を改善した ...

2020年05月21日
ジネット35の飲み方は?用量用法や休薬期間があることに注意

ジネット35の飲み方に関して、用量・用法を守って毎日決まった時間帯において水やぬるま湯と一緒に服用しましょう。1~21日間服用したら7日間休薬期間を設ける仕組みです。用法・用量について1回の用量は1錠で、1日の服用回数は1回です。休薬期間は7日間で、ジネット35を21日間服用した後7日間の休薬期間を ...

2020年05月18日